*

Au高杉くんでおなじみ、神木隆之介さんの新ドラマ「やけ弁」。彼の活躍とスクールロイヤーのお仕事。

公開日: : 未分類

前回お伝えしたように、4月22日から神木隆之介さんが演じるスクールロイヤーが大活躍します。おしゃべりかつ頭キレキレの新米弁護士があらゆる問題に立ち向かう内容でタイトルは「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」(21文字)です。タイトルながっ!(笑)ちなみに「逃げるは恥だが役に立つ」(13文字) より長いタイトルですが、最近は日本が長いテーマがトレンドなのでしょうか(笑)。

 

絶好調の神木隆之介さんは?

 

最近ではauのCMで意識高すぎ高杉くんシリーズで「優等生で爽やかすぎる」素敵な役を演じていますね。意識が高すぎるため、合唱部で、コーラスを習得するためにラテン語を学んだり、裸足で歌ったりする高杉くん。auのパンフレットについても子どもに対し、有害サイトをブロックする機能の説明がある部分について同級生に熱く語る高杉くん。意識高すぎな優等生(とてもよいことです!)を少し面白くCMにする高杉くん。なお神木隆之介さんは、93年、埼玉県生まれの俳優で、子役の時から大活躍。幼少期からTOKIO長瀬智也さん主演の「ムコドノ」でもその天才子役っぷりは感動しました。また滝沢秀明さんが演じる大河ドラマ「義経」で幼少期の牛若丸(遮那王)を演じており、こちらも牛若丸のキャラクターがとてつもなくはまっていましたね。その時から幼少期のタッキーがそうであったように、もうその時の子役の姿は可愛くて、演技も上手く、「天才子役」「神童」という言葉がピッタリと当てはまっていました。

 

よく「子役は成功しない」と少し斜に構えた意見を耳にすることがありますが、そういった業界内の常識を覆すように青年になってからも、声優活動に映画、ドラマに幅広い活躍を見せています。最近では「桐島、部活やめるってよ」、「3月のライオン」が話題になりましたね。なお余談ですが、「3月のライオン」はテーマソングがスピッツ「春の歌」であり、とても爽やかな楽曲のカバーを藤原さくらさんが歌い、この映画は将棋がテーマなのですが、とってもハーモニーしていますね。

最近ではなんと「君の名は。」の主人公である立花瀧くんも声優として活躍しており、その活躍はとどまるところを知りません。JRの広告でもみかけますね(笑)

 

「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」

そんな彼が初の弁護士役に挑戦します。弁護士役といえば、難解な法律・専門用語を理解し、しゃべるので大変ですね。弁護士といえば、「リーガル・ハイ」の堺雅人さんなども記憶に新しいですが、今度は学校が現場。「スクールロイヤー」として新たに学校現場で弁護士として、その巧みな話術を使って奮闘するという「学校×法律」という新しいジャンルでもありますね。

なお「スクールロイヤー」とは、文部科学省の提案で、今年度18年から新たに制定された制度です。彼が演じるのはそんな中でいじめ問題。そして、ここ10年くらいで大いに社会問題となったモンスターペアレントの問題、その他体罰や教師の職場環境などありとあらゆる問題であり、若者としての正義、そして法律家としての正義がかけあっていきます。

聞きなれない言葉だが、「スクールロイヤー」とは?

学校の要望に応じ、弁護士が行き解決するという制度で、大人の世界とはまた違った学校には様々な問題があり、それらを学校の現場で法律でコンサルティング・解決していく。例えば身近な例を挙げると、さきほどの問題以外にも生徒の間におけるトラブル(ケガなど)が発生することがあります。それらに対し、スクールロイヤーは、学校の法律家として一歩踏み込んでいく。円満解決となればよいのですが、時には残念ですが、訴訟問題に発展するケースだってあります。今の時代、子どもを溺愛するあまり、いわゆるモンスターペアレントとなってしまうケースもあります。

 

神木隆之介さんが演じるスクールロイヤーはどんな感じになるのか?

理論武装・論破の達人である新米弁護士の田口章太郎(神木さん)と人望が厚く生徒・保護者から慕われまくりの教務主任の三浦雄二(田辺誠一)さんの掛け合い、そして校長先生役の小堺一樹さんも楽しみです。

4/21 (土)スタートということで、要チェケラッチョ!(古っ)(要check it out!)ですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

コンフィデンスマン ダー子、リチャードが面白い。ゴッドファーザー編、1話を見ての感想。

月9 待望の長澤まさみさん主演ドラマはじまりました。「コンフィデンスマンJP(ジャパン)」。第一話か

記事を読む

ブレイク!?「NO WEATHER」イクゼ、バンド天国!で注目を浴びた!

千葉出身のロックバンド、NOWEATHERが2018年中にブレイクの予感です。 大畑カズキ(ボ

記事を読む

玉木宏さんと木南晴夏さんをムロツヨシさんが祝福。勇者ヨシヒコで共演がきっかけで・・・

玉木宏さんと木南晴夏さんの結婚が報道されました。38歳と32歳で年齢的にもバランスいいなぁ。最近は歳

記事を読む

ウラシマ’S、是永亮祐さん出演、「雨のパレード」の魅力に迫る。

さて、椎名林檎さんのトリビュートアルバムが凄いことは前回の記事でお伝えしました。色々なスペシャルなア

記事を読む

新宿御苑「桜を見る会」は毎年?「言の葉の庭」「君の名は。」でも有名な紹介。

もう桜は散ってしまい、新緑の季節ではありますが、今年もやりました。阿部さんは今いろいろと、モリカケ問

記事を読む

no image

羽生くんの名前の由来について

最高視聴率46%!!! 羽生さんのスピン最高でしたね。ほんとうにビックリしました。2月16日の

記事を読む

マツコ番組「無理矢理、マツコ。テレ東~」「マツコ、昨日死んだってよ。」魅力に迫る!

マツコさん本当に人気ありますね。19日からテレビ東京の特別番組5つに立て続けに出演する事になって話題

記事を読む

miss.デビル ゆとり教育など現代の問題にアプローチ。演技も凄い。

組織をドラスティックに描いている菜々緒さん主演の「miss.デビル」が話題です。   「

記事を読む

no image

トレンディエンジェル斎藤さんのジャニーズ

17年12月24日に九州出身20代女性との結婚を発表しました。今日の話題はトレンディエンジェルの結婚

記事を読む

no image

陸王にみる風間俊介の銀行マン

陸王に見るあの感動が素晴らしいです。靴の試作品を作る話に感動しています。 試作品を作るあの戦いに感

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ジャニーズ激震の平成30年。タッキーが新社長に。

平成30年という節目の年はジャニーズ界にとって、とんでもない年となりま

平成最後の年はいろいろ。台風、停電の備えについて

平成最後の年、今年はとんでもない年です。イイことも悪いことも。

妻夫木君が演じたどろろ 来年1月からスタート!漫画との違いは?

どろろの映画を最近見直しています。2007年に公開され、妻夫木聡さんと

ヒカキン とろサーモン久保田と逃走中に出演!youtuberの実力。

ヒカキンの人気がとまりません。とても面白いです。山と言っていいほどの動

no image
タッキー、ジャニー喜多川さんの後継者に

タッキーがジャニー喜多川さんの後継者となりました。タッキーはとてもまじ

→もっと見る

PAGE TOP ↑